脂質異常症について教えてください

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が、必要量以上になった状態です。血液中に余分な脂質が多くなると、血管の壁にコレステロールがたまって、血管の内腔が狭くなります。

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。この2つは、全く同じコレステロールで、リボたんぱくと呼ばれるカプセルに包まれて血液中を移動します。コレステロールを身体のすみずみまで運ぶのが「悪玉」、回収するのが「善玉」です。従来は、総コレステロール値によって高脂血症の診断がされていましたが、それでは悪玉と善玉の区別がつかないため、2007年に新しい診断基準が設けられ、脂質異常症として「悪玉コレステロールが多いタイプ」、「善玉コレステロールが少ないタイプ」、「中性脂肪が多いタイプ」の3つのタイプを明確にしました。

悪玉コレステロールが多いタイプは、「高LDLコレステロール血症」と呼ばれ、最も多いタイプです。LDLコレステロール値は、次の式で計算できます。「LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-中性脂肪/5 」ただし、中性脂肪値が400mg/dl以上の場合は、この式は使えません。

善玉コレステロールが少ないタイプは、「低HDLコレステロール血症」と呼ばれます。血液中から余分なコレステロールが回収されないので、コレステロールがたまって動脈硬化が起こりやすくなります。

中性脂肪が多いタイプは、「高トリグセライド血症(高中性脂肪血症)」と呼ばれます。中性脂肪は血管に直接蓄積しませんが、血管を障害することは分かっています。内臓肥満が中性脂肪を増やす原因と言われており、中高年の男性に多いタイプです。
脂質異常症には自覚症状がありませんが、放置すると、動脈硬化を起こしやすくなったり、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高くなります。定期的に血液の状態を調べて、場合によっては生活習慣を見直す必要があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>