死んだ乳酸菌にも実は効果はある?

kaosukkiri

腸内環境を整えるために、乳酸菌を摂取することが有効だということが知られています。しかし、その乳酸菌が死んでしまったものでも効果があるということはまだあまり知られていません。乳酸菌が多く含まれている代表的な食べ物であるヨーグルトは「生きたままの乳酸菌が腸まで届く」ということを売りにしている商品も多くあります。最近の研究では、死んだ乳酸菌も生きた乳酸菌も効果は同じであるというデータも出てきています。

人間の消化器系は、乳酸菌が生きたまま腸まで届くにはとても厳しい環境です。ほとんどの乳酸菌は消化のために分泌されている胃液や胆汁で死んでしまい、生きたまま腸に届く数はほんのわずかです。しかも腸内では他の腸内細菌に負けてしまい、すぐに死んでしまうという説もあります。「たくさん食べれば生きた乳酸菌を腸に届けられるじゃないか」とも思えますが、そのためには大量のヨーグルトなどを食べる必要があり、乳酸菌以外の他の栄養素の過剰摂取にも繋がってしまいます。しかし、胃液や胆汁で死んでしまった乳酸菌も、実は腸内で生息している乳酸菌のエサとなっていることがわかりました。それにより腸内の乳酸菌が増え、腸内環境が改善していくというのです。生きた乳酸菌にこだわらなくても、乳酸菌の多く含まれているものを食べれば腸内環境の改善が期待できるのです。

しかし、腸内環境の改善のために必要な乳酸菌の数は、1日に100mlヨーグルト100個分だと言われています。そこで活用したいのが乳酸菌サプリです。乳酸菌サプリは1日に必要な乳酸菌を手軽に摂取できるうえに持ち運びも容易なので外出先でも手軽に摂取することができます。また、乳酸菌サプリは賞味期限も長く、生きた乳酸菌を含むヨーグルトなどよりも管理がしやすいというのもメリットです。乳酸菌は摂取したいけど、乳製品が苦手、という方にも毎日の食生活に取り入れやすいものになっています。自分にあった乳酸菌サプリを摂取することで、腸内環境の改善は手軽にできるようになったのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>