プロテオグリカンのサプリでロコモ対策

hidaita3_s

ロコモとは、「ロコモティブシンドローム」のことで、運動器症候群と訳されます。
高齢になるほど、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器は衰えていき、骨粗鬆症やサルコペニア、変形性膝関節症といった病気になるリスクは高くなります。
そうなると、立つ、歩く、座るというような日常生活で行う動作にも障害が起こり、進行すると、誰かの助けなしに生活することが困難になります。

日本では、高齢化社会が進むにつれ、運動器の衰えから介護が必要となる人が益々増えると予測されています。
そのため、日頃からロコモ対策を実践し、運動器を鍛えることが大切です。
運動器の衰えは、筋力の低下が原因ですので、運動は欠かせません。

バランス能力をつける「片脚立ち」や下肢筋力をつける「スクワット」は、足腰を鍛えます。
また、柔軟体操やストレッチも取り入れることで、体全体の運動機能を高め、柔軟性のある体になります。
無理をせず、自分のできる範囲で行うことが、継続のカギです。

そして、食生活でもロコモ対策を行うことはできます。
毎日の食事を気遣うことで、骨や筋肉になる素を取り入れることができます。
たんぱく質、カルシウムはもちろんのこと、ビタミンK、ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンB12などをしっかり摂取できるような食事を心掛けたいものです。
さらに、サプリも取り入れるとよいでしょう。

ロコモ対策として注目されているサプリは、プロテオグリカンのサプリです。
プロテオグリカンは、水分とコラーゲン、軟骨細胞と共に、軟骨に存在しています。
軟骨の柔軟性と外からの衝撃への耐性は、プロテオグリカンの働きによるものです。
また、関節機能を修復する、維持するという役割もあります。

筋肉が衰えて、関節を支えることができなくなると、軟骨はすり減り、それが関節痛になります。
プロテオグリカンのサプリは、軟骨の減少をサポートするので、関節のトラブルが起こる前に摂取することがおすすめです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>